家族葬儀の蓮の会

家族葬についての御相談なら知恵の象徴『蓮の会』へ

家族葬の通知は、どのようにおこなえばいいか

近親者以外の方への通知について

家族葬は、故人の近親者のみでおこなう葬儀です。
参列者が少ない場合は家族葬で十分であるため、最近ではこういった葬儀がポピュラーになりつつあるのですが、このような葬儀のときに困ってしまいがちなのが、「近親者以外にどのようにして連絡するべきか」ということかもしれません。

弔問したい方の気持ちに配慮してお伝えしましょう

故人の親友など、故人と極めて仲の良い人に「家族葬にする」と伝えるとショックを与えてしまうこともあるので、葬儀に呼ぶことができない方々に連絡する際は、必ず事情を添えた上でお伝えするようにしましょう。
たとえば、家族のみの葬儀は故人の遺志であることもありますし、故人の希望する葬儀を追及した結果家族葬が最適である、という結論に至ったのであれば、それを伝えれば故人の近しい人びとは納得することができます。
逆に、何の理由も伝えずに「家族だけで葬儀をするので呼べません」とそのまま伝えてしまうと、彼らの心の中には「最後にお別れを言うことすらできなかった」、「死に顔すら見ることができなかった」という後悔が残ってしまうので、なるべく仲の良かった人々には、事情を伝えるようにしましょう。

何を伝えてどこまでの対応が必要なのか

死亡の旨を伝える際は、慣れないことで戸惑ってしまうかもしれませんが、とりあえずは「死亡した日」と「葬儀は事情があるので身内だけでおこなう」ということは最低限伝えておかなければならないので、この二点を頭に入れておくようにしましょう。
また、友人知人の中には、「最後に顔だけでも見たい」と、家族葬の最中に来てしまったり、供物を持ってきたりするような人がいる可能性もあります。
こういった時は、顔を見るだけで帰ってくれることが多いので、まずは挨拶だけしてもらい、そのままお礼を神妙に述べた上で、帰ってもらうようにしましょう。

葬祭の賢者記事一覧