家族葬儀の蓮の会

家族葬についての御相談なら知恵の象徴『蓮の会』へ

葬儀全般の流れと段取り

お葬式になった場合の当日の動き

身内の人が亡くなった場合、遺族は悲しみにくれる中でお通夜やお葬式の準備をしなければいけません。
ここでは、遺族側の立場から何を決めていったらいいのか、ご説明したいと思います。

喪主決めから葬儀の方法、葬祭場選びまで

まずは葬儀にあたっての喪主を決めていきます。
亡くなった人からみて、最も縁の近い人が務めるので、配偶者がおられる場合はその方に、配偶者が亡くなっておられる場合は、一番上のお子さまが務めるのが一般的ですが、ここは遺族で相談して決めます。
そして、葬儀社をどこにするか決めて連絡します。
できれば故人が生きておられる頃から、どの葬儀社にするか、どんな形式のお葬式にするかを考えておかれるとよりスムーズです。
そして、会場を自宅にするか、葬祭場にするかを決めていきます。
会場によって、ご遺体を病院から搬送する場所が変わってくるので、会場は早めに決めたほうがいいでしょう。

お寺への連絡は葬儀社任せでもOK

次にお寺への連絡をします。
これはそれぞれのご家庭の菩提示などに御願いするのですが、わからない場合は、葬儀社に連絡してもらうこともできます。そして遺影選びもしていきます。
故人の人柄が偲ばれるような写真を選びますが、背景などの画像は適切に処理してもらえるので、お顔の印象が良いものを選びます。
お葬式のだいたいの予算を決め、見積もりをとってもらいながらどんなお葬式にするか、具体的に決めます。
予算があれば相談してもらいながら進めるのがいいでしょう。

死後の行政手続きについて

あとは、お通夜やお葬式の連絡を故人の友人やご近所の方などにする必要があります。
そして火葬場への連絡、火葬場への車の手配、お寺の僧侶へのお布施、市役所役場に死亡届を受け取り、死亡後7日以内に役場へ提出します。
様々な事をこなしていきますが、葬儀社が細かな支持をしてくれます。
納得のいくいいお葬式をしたいものですね。

葬祭の賢者記事一覧