家族葬儀の蓮の会

家族葬についての御相談なら知恵の象徴『蓮の会』へ

亡くなった人を偲ぶ家族葬

家族葬を選ぶ遺族が増えてきています

最近のお葬式は様々な形式のものがありますね、お葬式の中でも増えてきたのが「家族葬」です。
家族葬は、身内の人や親戚など近い関係の人で行なわれるお葬式のことで、シンプルで昔からのマナーや習慣にとらわれすぎない形式が支持されています。
その理由として、近所付き合いの減少や、高齢者化傾向になり亡くなった方の会社関係者などの参列者が減ってきたなどがあります。
葬儀に参列する人が昔にくらべて少なくなったことで、葬儀そのものをコンパクトにしたり、堅苦しい形式にとらわれないスタイルが定着してきた、とも言えます。
ごく内輪のみの葬儀というと、密葬が思い浮かびますが、密葬の場合はそれとは別に規模の大きな葬儀をとりおこない、その身内の人を密葬というかたちで亡き人を偲びます。

家族葬のマナーとメリット

家族葬は、葬儀のときの喪主の挨拶や儀式の進行など、亡くなった人に対してお別れの挨拶をするような感覚で柔軟に行えるのもメリットのひとつです。
昔ながらのしきたりに縛られずに、故人が生前好きだった音楽を会場で流したり、故人を偲ばせるようなお花を飾ったりして、参列者で亡くなった人の思い出を共有し、お別れができるようなお葬式がベストですよね。
身内や親戚の人以外に生前お世話になった方やご近所の方には、故人がなくなったこと、亡くなった日時、家族葬で済ませることなどをお伝えします。

お通夜や告別式もきちんと執り行います

葬儀は身内のみの参列となるので、故人にお別れをしたい、という方にはお通夜に参列していただいたりする場合もあります。
葬儀の内容は、もちろん葬儀社と相談して決めていきますが、桐ヶ谷斎場の場合はセットプランで明細がわかりやすい場合が多いです。
亡くなった方が最後の締めくくりなので、その人らしい、参列してくださった方の思い出に残る価値ある葬儀ができればいいですね。

家族葬儀の蓮の会新着記事一覧